出会いたい な集まり

この前の記事の中では、「出会いたい な集まりで積極的だったから、楽しみに会いに行くと犯罪者だった」となった女性について話題にしましたが、なんとその女性はそのまま、その男性と終わるどころか付き合う事になったのです。
女性の気持ちは、出会いたい「男性がやくざにしか見えず、断る事が怖くなってそのまま一緒に行動していた」ということですが、さらに詳しく聞いてみると、彼女としても興味を持つ所がありついて行くことにした気持ちもあったのです。
犯した彼の犯罪の内容というのも、決して小さくはないナイフで本当の親を刺している訳ですから、もしもの事を考えると危険だと思っても仕方が無いでしょうが、感じの悪い部分がなかったようで、出会いたい愛想なども良かったものですから、警戒心も緩んでいき、普通に付き合うようになっていったとのことです。

出会いたい な集まりのメリット

その男性と付き合いが続いたかというと、気が付くと不審な行動をしているときがあったので、怪しまれないように黙って家を出て、男性とは別の道を進む事にしたとその彼女は話してくれたのです。
特別なことなどしていないのに圧迫感を感じてしまい、男性と暮らしていた家から、話し合いなどしないまま荷物も簡単なものだけで出てきたとの話ですがな集まり、何とも言えない恐ろしさを感じた事も本当のようですが他にも、言い合いだけで済むような事で、話すより手を出すようになり、暴行だって気にしていないような素振りをわざと見せてくるのでな集まり、要求されればお金もだすようになり、他の要求も断ることをせず、その男性との生活は続いていたのです。
筆者「ひょっとしてな集まり、芸能界の中で売れていない人って、サクラでの収入に頼っている人が多数いるのでしょうか?」

無能なセレブが出会いたい な集まりをダメにする

E(業界人)「そうだと思いますね。サクラの役って、シフト自由だし、私たしみたいな、な集まり急にいい話がくるような仕事の人には適職と言えるんですよ。予測不可の空き時間にできるし、興味深い経験の一つになるし…」
C(某アーティスト)「経験になるよね、女性として接するのは一苦労だけど自分たちは男性だから、自分が言ってほしいことを向こうに話せばいいわけだし、男側の気持ちはお見通しだから、相手も容易にだまされますよね」
A(メンキャバ従業員)「本当は、女の子のサクラは利用者の心理がわかってないからはっきり言うと下手っすよね」
筆者「女のサクラより、男性のサクラの方がより秀でているのですか?」
D(芸能事務所所属の男性)「はい、そうですね。優秀なのは大体男性です。といっても、僕は女性のキャラクターを演じるのが上手くないので、いつも怒られてます…」
E(某芸人)「言うまでもなく出会いたい、不正直者が成功する世界ですからね…。女性を演じるのが大変で…俺なんかも苦労してます」
ライター「女の子のキャラクターを作っていくのもな集まり、想像以上に苦労するんですね…」
女性キャラクターである人の作り方に関しての話に花が咲く彼ら。
その会話の中で、ある言葉をきっかけとして、自らアーティストであるというCさんに好奇心が集まったのです。
出会い系のwebサイトを使う人達に問いかけてみると出会いたい、ほぼ全員が、人肌恋しいと言うだけで、出会いたいつかの間の関係が築ければそれでいいという見方で出会いたい な集まりを選んでいます。
平たく言うとな集まり、キャバクラに行くお金をケチりたくて、風俗にかける料金もかけたくないから、お金がかからない出会いたい な集まりで「釣れた」女性で手ごろな価格で間に合わせよう、と思う男性が出会いたい な集まりという道を選択しているのです。
また、女の子側は全然違う考え方を備えています。
「すごく年上の相手でもいいから、何でもしてくれる人を彼氏にしたい。出会いたい な集まりのほとんどのおじさんは9割がたモテない人だから、平均くらいの女性でも思いのままにできるようになるかも!思いがけず、カッコいい人に出会えるかも、出会いたい気持ち悪い人は無理だけど、イケメンだったら会いたいな。女性の100%近くはこのように考えています。
一言で言うと出会いたい、女性は男性の容姿の美しさか経済力が目当てですし、男性は「安価な女性」をねらい目として出会いたい な集まりを使いまくっているのです。
男女とも、できるだけ安価にお買い物がしたくて出会いを願っているようなものです。
そうやって、出会いたい な集まりを役立てていくほどに、おじさんたちは女性を「商品」として見るようになり、女性も自分自身を「商品」として扱うように変化してしまうのです。
出会いたい な集まりを用いる人の価値観というものは、女性をじわじわと意志のない「物」にしていくようなアブノーマルな「考え方」なのです。